海洋散骨と波について。。

最近目にしたのが、海洋散骨と呼ばれる新しい 弔い方。
海に骨を流すのだけど、結構たくさんの人が船に乗って、見ないでお別れをしているのが印象的だった。
でもちょっと気になったのが、船がほとんど揺れないぐらいベタ凪だったこと。
私は趣味で海に出ることが多いので、海というところはどんなところかは少しは分かっているんだけど、基本的に港から出てしまえば波がある日が多い。
もちろん、趣味で釣りをするような人だったらある程度なめがあってもあまり気にならないんだけれども・・・
海洋散骨の場合、乗ってるのは普通のおじいちゃんやおばあちゃんが多いわけで、普段船に乗っていない人の方が多いんじゃないかなっていう気がする。
だとすると波が強い日って結構きついんじゃないかなって心配になってきた。
そこで調べたらまさにその通りのことが書いてあるページがあったよ・
海洋散骨と欠航 乗船散骨は延期になることも考慮しておこう!
とやら散骨業者もよくわかってるみたいで、波が高い日は散骨は延期になるらしい。
だから予定通り散骨できなくて、後で業者だけで代理で参加するということもあるらしい。
まあ相手が自然だからしょうがないね。
役に波が高い日に無理やり港を出て、具合が悪い人が続出しても困ってしまうからね。