短期間ダイエットに有効的な運動とは

限られた期間内に多くのカロリーを使うことが、短期間のダイエットの鍵を握ります。カロリーを盛んに使うには運動がいいと言われていますが、運動の内容によっても、カロリー消費量は違います。一口に運動でカロリー消費を促進するといって、糖質は無酸素運動で、脂質は有酸素運動で消費されるという要素があります。体の中に蓄積されている体脂肪を減らすためには、有酸素運動をして、脂質によるカロリーを使うことです。体の中にある脂質を減らすための有酸素運動をすることが、短期間でのダイエットを成功させるためのコツです。ダイエットを短期間で実践したいなら、有酸素運動をして体脂肪をエネルギーに変え、消費することです。有酸素運動は、短期間でダイエットを行うためにはとても重要な運動ですが、筋トレも併用することで、一層、脂肪は燃焼しやすくなります。実際に行う時には、最初に筋トレをして、体が温まってから軽いジョギングをします。最初に筋トレをすることで、成長ホルモンの活動が活発になります。成長ホルモンが活性化しているほうが、脂質が燃焼しやすいといいます。無酸素運動は、糖質を分解しエネルギーにして消費する運動です。有酸素運動は無酸素運動ほど瞬発的な負荷が少ないため、糖質は使いません。体内に蓄積されている体脂肪を燃やすには、まず筋トレをして、体脂肪がエネルギーに変わりやすい体をつくってから、ジョギングに移行するといいでしょう。もしも、ダイエットを短期間だけ行うつもりがあるなら、運動の組み合わせに注意をしましょう。
フロントエンドエンジニア ポートフォリオ